タイのチャンタブリから随時買付、皆様に様々なルースを販売しております。ぜひ一度、購入してみてください!

質問と回答形式で、簡単にサイトのご説明をさせて頂きます
注文に関する質問


商品が届くまでに、どれ位時間がかかりますか?
タイから商品を取り寄せる関係で、入金確認後、2週間お時間を頂いております。

商品は、どこから届きますか?
お客様が商品を注文されますと、タイから商品が弊社事務所(埼玉)あてに送られます。
※)国際郵便になりますが、追跡番号付きの郵便で商品を送付してもらっています。
※)追跡番号とその見方を、発送と同時にお客様にもメールで送っています。
※)弊社からタイへ注文を出しますと、3営業日以内に商品を送付してくれます。
  木曜日に注文を出しますと、土日が休みですので、翌週火曜日発送くらいの間隔です。
弊社事務所にて商品を受け取った後、ルースケースにルースを詰めて簡単なメモ書を添えてお客様宅へ送付いたします。
ですので、商品は、埼玉からヤマト運輸にてお客様にお届けしています。

関税はどうなりますか?
いったん、弊社にて商品を受け取り、弊社からお客様宅へ送る形となっておりますので、お客様が関税を支払う事はありません。
また、一般的な話ですが裸石の関税は0%です。

消費税はどうなりますか?
ホームページに記載の値段は、税込の値段になります。

送料はどうなりますか?
送料は、下記のとおりです。
 購入金額が4,999円以下の場合は2,000円
 購入金額が5,000円~9,999円の場合は1,000円
 購入金額が1万円~の場合は無料
ですので、ここは思い切って1万円以上ご購入ください。

支払う代金の総額はどうなりますか?
商品代金+送料になります。
関税はかかりませんし、消費税は内税です。

お支払い方法は?
銀行振り込みだけです。
ジャパンネット銀行と郵便局に対応しております。

国際郵便のトラブルはありますか?
タイから日本への郵便事情は、とても安定しておりますが1,000個商品を送ると1個なくなる。そんな安定度です。
※)昔、一度だけ商品が行方不明なった事があり、びっくりしました。。。
※)もし、行方不明になったら、同じような石を取り寄せるか、ご返金いたします。

宝石に関する質問


クラリティについて
ダイヤモンドでは、IFは『10倍で微小な表面の欠点』という定義になっております。
ダイヤモンドはGIAでダイヤモンドのクオリティをしっかりと確定しておりますが、
色石の場合は、基本的に4Cという定義はありません。
そのため、IFと記載されている色石でも、天然の石ですので実際は内部に肉眼で確認できる内包物を含んでいる場合が多々ございます。
クラリティIFと記載している意味は、タイ人が複数の色石をチェックした際に、相対的に綺麗だという意味と考えてもらえればです。
VVSやVSなどと表記してある色石も、同様に肉眼で確認できる内包物を含んでいる場合が多々ございます。
クラリティは、あくまで相対的な表記だと、考えてください。

表記のミスについて
タイ側からもらったデータを、そのままホームページに掲載しております。
そのため、若干の表記ミスが見受けられます。
※)修正しようとも考えましたが、全てをチェックすることが出来ずあきらめました。

ですので下記の対応を取っております。

お客様から注文を頂き、ご入金いただきますと、必ず、私の方でチェックをいたします。
もし、表記ミスが見つかった場合、その旨をお客様に連絡いたします。
そのミスに納得いただければ、タイ側に注文しますし、納得がいかなければご返金となります。

必ず、現地に発注する前に私の方で責任を持って、表記ミスの有無を検討いたしますので、ご安心ください。

サイズや重さについて
測定する機器や、測定する環境によって変わってきます。
もともと、1カラット=0.2gですので、0.01カラット違うなどというのは誤差の範囲になってしまいます。 その点は、ご了承ください。
サイズも同様、0.1mm単位ではやはり誤差が生じますので、ご了承ください。

サファイア
ほとんど大部分のサファイアは、加熱後に拡散処理されたサファイアです。
しかしながら、ごくまれに非加熱サファイアもあるようですので、気になった方は、ぜひ探してみてください。

撮影について
動画時には、強い光を当てて写真を撮っています。
そのため、実際に見た場合と、写真で色や遊色の違いが生じます。
特に、オパールは難しいです。
また、グリーントルマリンなども、かなり色がグリーン目に出ています。

素敵な宝石の選び方


宝石の値段とは?
タイのチャンタブリは宝石研磨をメインとした街です。
彼らは、原石を世界中から買い付け、その原石を磨いて商品として提供しています。
原石の値段は、通常1カラットあたり○○ドルとなっており、重さにより値段が決定します。
ですので、宝石の値段は、重いほど高いと覚えておいてください。

次に考えられるのが品質です。
品質とは、その輝きのことです。
石の内包物が多いと、くすんでしまい、品質は悪くなります。
誰が見ても綺麗な石は、自然と高い値段がつきます。
つまり、カラット当たりの単価が高い石ほど綺麗と考えてよいと思います。

まとめますと
 ・重いほど高い
 ・カラット当たりの単価が高い石ほど美しい
と、シンプルに考えることが可能です。
※)もちろん、実際にはこれ以外の要因も多数ございます。

素敵な宝石の選び方
クラリティ
透明度は高いものを選びましょう。透明度が高いものは綺麗です
参考:http://iwafuneya.com/jewel/dia_clarity.html
IF(Internally Flawless)>VVSI(very very small inclusion)>VSI(very small inclusion)>SI(small inclusion)

カラット当たりの単価
カラット辺りの単価が高い順でソートできるようにシステムを構築しておりますので、全体の中で上位の部類に入っている石を購入されますと、ものすごく綺麗だな~と思える石に出会えると思います。

綺麗な石のサイズ
個人的な話になりますが、私は 9x7x4mm 前後のovalが好きです。
大きすぎても駄目ですし、小さすぎても駄目でした。

表記のミスについて


商品が届くまでに、どれ位時間がかかりますか?
タイ側からもらったデータを、そのままホームページに掲載しております。
そのため、若干の表記ミスが見受けられます。
※)修正しようとも考えましたが、全てをチェックすることが出来ずあきらめました。

ですので下記の対応を取っております。

お客様から注文を頂き、ご入金いただきますと、必ず、私の方でチェックをいたします。
もし、表記ミスが見つかった場合、その旨をお客様に連絡いたします。
そのミスに納得いただければ、タイ側に注文しますし、納得がいかなければご返金となります。

必ず、現地に発注する前に私の方で責任を持って、表記ミスの有無を検討いたしますので、ご安心ください。

返品について


返品できますか?
申し訳ないのですが、注文後に商品をタイから取り寄せている関係で、出来る限り返品はご勘弁頂えますと幸いです。
ですので、上記に記載した素敵な宝石な選び方を参考にして購入して頂けますと幸いです

ただし、下記のような場合は返品可能です。
 ・表記されているサイズと実際のサイズが大きく違う
 ・表記されているカラットと実際のサイズが大きく違う
 ・非加熱だと思ったら加熱だった
 ・石が欠けていた
 ・他鑑別機関にて鑑別をしてもらったら鑑別結果が表記内容と違った

このような場合は、まずはメールでご一報ください。
そして、商品を着払いでお送りください。
商品到着確認をもって、返金いたします。

また、お手数ですが、下記のようなミスはご勘弁ください。
・微妙なサイズの違い
  記載は2.13mmだったが、測定したら2.08mmだった。
・微妙なカラットの違い
  記載は2.13ctだったが、測定したら2.08ctだった。
・イメージ違い
など

言葉の説明


lab-created
タイのチャンタナブリは宝石の研磨地です。
そのため、天然石の研磨はもちろんのこと、合成石の研磨も行われております。
ですので、合成石も一部販売させて頂いております。
合成か天然かの見分け方ですが、何も書かれていないものが天然、
lab-createdと記載されているものは合成と考えてください。

hydrothermal
水熱法(hydrothermal method)による合成宝石です。

トリートメントの所
非加熱の石は、UnHeated
過熱されている石は、Heated
過熱されていて含浸処理されている石は、Heated(Lead-Glass Filling)
などと記載されております。

ゴールド、プラチナ製品に関する説明


取り扱う商品について
ゴールド、プラチナ関係の製品はすべて国産の商品のみとさせて頂いております。
海外のゴールド、プラチナの場合、やはり、純度に曖昧さがあるので、K18を購入したつもりが、実際はK16だった。
等のケースが多々ございます。(特に香港や中国あたり)
だからこそ、高く信頼できる買い物は国産に限ると思います。
また、本当はタイのゴールドも取り扱いたかったのですが、タイではK22が主流で、K18やプラチナはありませんでした。

K24と24Kの違い
日本国内では、K24と表記され、海外では24Kと表記されます。

ゴールドの純度 その1
一般的に、ゴールドの純度は24進法で数えられます。
K18の場合は、18/24=0.75 つまり75%の純度になります。
タイで一般的なK22の場合は、22/24=0.92 つまり92%の純度になります。
K12の場合は、12/24=0.5 つまり50%の純度になります。
一般的知識として、ぜひ、ご理解ください。

ゴールドの純度 その2
K18は、ゴールド75%という事はご理解頂けると思います。
では、残りの25%は何でしょうか?
弊サイトで取り扱っているK18の純度は、工場によっても配合する金属や若干の違いがあると思いますが、おおまかには以下の通りです。

K18ゴールド
 →金75%+シルバーと銅が半々
K18ホワイトゴールド
 →金75%+シルバー15%前後+パラジウム10%前後
K18ピンク
 →金75%+銅15%前後+残りシルバー・パラジウムなど

実は私自信、金属アレルギーなのです。。。
だから、金属に過敏な方にはK18WGをオススメしています。

よせられた質問


サファイアの産出国はどこが一番良いとされているのですか?
産地によって大きく値段が変わります。
こちらが、カラット当たり数100万を超えるケースもある高級サファイアです。
 カシミールサファイア (Kashmir Sapphire)
 マダガスカルサファイア (Malagasy Sapphire)
続いて、カラット当たり数10万程度の中級サファイアです。
 スリランカのサファイア(Srilankan Sapphire)
さらに、そこまで高くない産地として
 タイやオーストラリアのサファイア(Thailand and Australian Sapphire)
などがございます。
輝石と呼ばれるサファイア、ルビー、エメラルドは色や産地、状態で価格が大きく変わります。

鑑別書が或るのと無いのではどのように判断したらよいのですか?
現地の社長さんが、この石は鑑別書を取得して、この石は鑑別書を取得しないと判断しておりますので、おそらく、パット見美しいものを鑑別に出していると思われます。

イエローサファイヤを選ぶときの基準をおしえて下さい。
弊サイトで販売しているイエローサファイアは、加熱処理後、拡散処理をしたものがほとんどです。
そのため、大きな価値があるものではありませんので、自分が気に入ったものを購入されるのがよいと思います。

動画の色と実物の色・輝きとはどの程度の差がありますか?
日常の光の中で手に取った時は何割引き、又は何割増し、さほど動画と変化しない、どの様に考えておけばよいでしょう?
とても難しい質問です。
タイは紫外線がとても強いですし、写真を取っている環境も大きな光を当てていると思われますし、カメラも最高のものを使っております。
ですので、ぜひ、手に取って自身で確認して頂ければです。

石を空枠に留めたいんですが・・
石を工房にもっていきますと、必ず言われるのが
 ・石が割れても責任取れません
 ・石が空枠のサイズに合わないと、取りつけられません。
 ・内包物や傷が多い石は割れても責任取れません。
こんな風に、説明されます。
実際に石を取りつける職人さんも怖いんだと思います。
ここで躊躇してしまう事もあるかと思いますが、でもきっと大丈夫。
思い切って頼んでみましょう。おそらく問題は発生しません。