ダイヤモンドルースの価格表です

タイのチャンタブリから随時買付、皆様に格安でルースを販売しております。とっても美しい石ばかりですので、ぜひ一度、購入してみてください!
ダイヤモンドルースを販売しております


ダイヤモンドルースを販売しております。ぜひ、気に入ったダイヤを選択して素敵なジュエリーを作成してみてください。
屈折率:2.42  モース硬度:10  比重:3.52  科学組成:C  結晶系:立方晶

価格はお問い合わせください。


 カラット:
 カラー:
 クラリティ:  カット:
 並替え:


最初に、基本的な語句の説明と選び方を記載しております。


カラット(重さ)

1カラット当たり、0.2gです。
重さだけ見た場合、0.3カラット以上がオススメです。


カラットとサイズの関係

ダイヤモンドのカラットから想定される直径の一覧です。
※)平均的な大きさですので、小さくなる場合も大きくなる場合もございます。
※)ブリリアント・ラウンドカットのダイヤモンドの直径の目安です

カラット 直径
0.10ct 約3.0ミリ
0.15ct 約3.4ミリ
0.20ct 約3.8ミリ
0.25ct 約4.1ミリ
0.33ct 約4.4ミリ
0.40ct 約4.8ミリ
0.50ct 約5.2ミリ
0.65ct 約5.6ミリ
0.75ct 約5.9ミリ
0.85ct 約6.2ミリ
1.00ct 約6.5ミリ
1.25ct 約7.0ミリ
1.50ct 約7.4ミリ
1.75ct 約7.8ミリ
2.00ct 約8.2ミリ
2.25ct 約8.6ミリ
2.50ct 約9.0ミリ



カラー

ダイヤモンドのカラーは、下記の写真のようにわかれております。
ダイヤモンドは炭素で作られておりますが、その炭素の構造の中に窒素が混じってきますと少しずつ黄色くなってきます。





クラリティ

クラリティは、ルーペで石の内部、外部を見て判断します。
下記のようにわかれております。



グレード 内容
FL
Flawless
内部外部とも欠陥なし
IF
Internally Flawless
内部に欠陥なし
VVS1/VVS2
Very Very Slightly Included
熟練したグレーダーが見て発見が困難な内部欠陥がある
VS1/VS2
Very Slightly Included
非常に小さな内包物がある
SI1/SI2
Slightly Included
10倍で見れば発見が容易であるが肉眼では見えない。
I1/I2/I3
Included
肉眼で見え、光りの透過や輝きに影響を与える大きさの内包物がある。

カット

カットはダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態を表しています。
具体的には、ダイアモンドの全てのサイズを機械で測定し、その測定結果をGIA Facetware Cut Estimatorデータベース(3850万通り以上)で照合し、目視評価要素を経てExcellent、VeryGood、Good、Fair、Poorの各グレードに決定されます。

カットは自体、下記のグレードに分かれます。



その中で、カット(均整さ)、シンメトリー(対称性)、ポリッシュ(研磨の良し悪し)の3項目全てがエクセレントのものを3-EXと言います。
さらに、ハート&キューピッドが見えるものを、3-EX&H&Cと言います。
ただ、H&Cと記載されているものは
ハート&キューピッドが見えるものの全てがエクセレントではない状態になります。

あえて順位付けするならば
 3-EX&H&C > 3-EX > H&C
となります。

弊社のホームページでは、4C(カット、カラット、クラリティ、カラー)のみの表示となっておりますが、実際は全てのダイヤモンドそれぞれにおいて、少しずつ違ってきます。


H&C

ハート&キューピットは、ダイヤモンドを上、下から見た時に、このような形が現れるかどうかです




蛍光性

ダイヤモンドを紫外線(ブラックライトなど)に当てると、強く光るものと光らないものがあります。
一般的には、蛍光性が無い方が値段が高い傾向がありますが、蛍光性があるダイアモンドだけを集めた専門店もございます。
蛍光性は下記の5つに分かれます
(注)蛍光にはBlueばかりでなく、稀にGreenやYellowなどもあります。

None なし
Faint 弱い
Strong
Medium 強い
Very Strong とても強い





鑑定機関

弊社で取り扱っているダイヤモンドは、中央宝石研究所を利用しております。
今、業界のデフォルトが『中央宝石研究所』になっております。
何十万円もする高額なダイヤモンドを購入する場合は、中宝にこだわってください。
もちろん、『GIA』でも大丈夫です。


オススメのダイヤモンド

お金があるなら、当然、1カラット以上のDカラー VVSクラス 3EX & H&C を買いたいところですが、
とても高価ですので、最近は、多少グレードを落としてでも、下記のようなものを購入するようにしております。

 ・大きいもの
   →最低でも、0.3ct。出来れるだけ大きいものがうれしいです。
    大きさは、最優先事項です。

 ・カラーは白(DEFGHクラスまで)
   →やはり、ダイヤモンドは白くないといけません。白さは譲れません。
    黄色く見えてしまうと、それだけで幻滅です...

 ・クラリティはあきらめました
   →クラリティを上げようとすると、値段がどんどん上がってきます。
    ですので、最近はIクラスでも許容範囲になってまいりました。
    美しさあふれるIクラスは、お値段以上です。

 ・カットは気にしないです。
   →ハート・アンド・キューピッドが見れればうれしいですが、値段が高くなりますので、あきらめました。
    綺麗なら、poorでも許容範囲かもしれません。

 ・カーボン
   →ダイヤモンドの中のカーボンは、絶対駄目です。
    ポツポツと、カーボンが入っていますと気が滅入ります。
    SI2と記載されていても、カーボン入りのSI2もありますので要注意です。

 ・テリ
   →ダイヤモンドの鑑別書に記載されないテリという要素
    4Cが高くてもパッとしない子たちもいれば、 4Cが低くても存在感出しまくりの子がいます。
    その、存在感がテリです。
    テリの良いダイヤモンドは、オススメです!



TOP, ルビー, エメラルド, サファイヤ, タンザナイト 宝石ルース通販専門店、皆様のご来店をお待ちしております。
https://love-gem.com/ All Rights Reserved